fc2ブログ

初心者のトライアスロン道 [佐渡挑戦->宮古挑戦->Weakman]

トライアスリート失格

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[大井川港] 大漁旗

右足の痛みでRun練習はここ1ヶ月でゼロ。
低気圧のせいで体調不良が続き。
仕事も妙に忙しかったり。
という状態で、数日前に出る決意をして。
(前にも似たような・・・・?)

前日、天気図のはしっこに台風マークがあったせいか
ちょっと頭が痛くなり、なかなか寝付けず。
4時起きなのに2時になっても寝られず、
「あー、無理かーもー」と思いつつも意地で強行。
こんな体調で51.5km大丈夫なのか?まぁ、元々頑張る余地無いけどねー。

東京は蒸し暑くて曇り、道中の富士山はぼんやり、山間では霧も発生して、
雨が降ったかと思えば、現地はびっくりするほどの晴れ。あづ。
港には日を遮るものもなく、準備している9時台でも陽射しがイタイ。

バイクの試走が必要という話だったのに取りやめになったり、
開会式がステージで行われなかったり、大会運営側も混乱の模様。

フローティングスタートだというのは認識していたのだが、
海にはどこから入るのかと思ったら、どこかで見たような吊り橋が。
1-2人通るのが精一杯の幅で角度もあり、選手280人が降りるだけで時間がかかり、
11時スタート予定がずれこみ。
全員が海にはいった時点で「11:15スタートにします」との宣言にブーイングの嵐。
確かに、最初に海に入った人たちはずっと浮いていたわけで。
しかも、外気に反して水温はかなり冷たい。
結局、11:10にスタートすることになってホッ。

実は沼津よりさらに先の静岡の海、ということで
ちょっと「キレイな海」を勝手に期待していたのだが。
工場に囲まれた湾の水は透明度低し。
鎌倉の海が茶色なら、こちらは緑色。
前の人の足がギリギリまで近づいてやっと見えるレベルで、
とにかくガツンガツンぶつかる。

何度もぶつかられたのだが、特に酷かったのはあごへの肘打ち。
あぅ。危ない。


会場入りして感動したのは、大漁旗をかかげた漁船が待っていたこと。
ぅおー、かっこいー。(うまく写真撮れなかったのが残念)
しかも、これ、ブイ代わりなのだ。
良くある三角形のオレンジのブイではなく、でっかい船3艇の周りを泳ぐのである。
なんて見やすい目印。
ヘッドアップするのもラク。

湾内は波もなくて・・・と思ったら
うねりと言うべきか波というべきか流れもあって意外と泳ぎにくい。
2点のブイ代わりの船を越えてスタート地点の船に戻ってきて
なぜかもう陸に上がる気マンマンだった自分は、
「そういえば2周回だった」ともう1周。
で、最後の最後の直線でもう少し、というところで、また派手にぶつかられ
そのショックで左足の中指あたりが攣った。
浮きながら手をかけて足を伸ばしてみたりして。
何とかなるかなとすぐ泳ぎ始めたら少し改善。微妙な感じをひきずりつつも泳ぎ終える。

で、陸に上がろうとすると細い吊り橋にはちょっとした行列ができており。
すぐには上がれない。
マーシャルが滑らないように気を付けて、と声をかけてくれる中這い上がる登る。

つづく・・・。

| 大会レポート | 00:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://3athlon.blog88.fc2.com/tb.php/72-51b72847

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT