fc2ブログ

初心者のトライアスロン道 [佐渡挑戦->宮古挑戦->Weakman]

トライアスリート失格

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[沼津駅伝] ガラガラよん


千本浜は遠浅では無かったようで、すぐに泳ぎ始めることができた。
折り返すだけだし2走は500mという距離なので軽いはず・・・。

そう。3人で3種目といっても、1走だけちょびっとSwimの距離が長い。
1走はSprint(Swim750m, Bike20km, Run5km)なのだが、2走以降はSwimが500mになる。

というわけで、当然ながら、自らのSprint(トライアスロンデビュー戦)記録を超えなければおかしい。
250mのSwimの分だけ速いはず、という理論。

ドタバタとスタートしてしばらく経って、海の中が結構キレイに見えることに気がついた。
お、昨日の海水浴場よりも透明度高いかも。
とはいえ、のんびりオサカナさん探しをしている場合じゃない、レースだ、レース。
ちゃんとブイを確認しながら泳ぐ。
前半で何人か抜いた後折り返すと、なぜか前にだーれもいない。

スタート前に「コースとか全然確認してないけど大丈夫かな」とこぼしたら
廣澤コーチが「誰かしら前にいるから迷いっこない」と言ってたけど。
えーん、誰もいないよーー。
どこに進めばいいのかちょっぴり不安になる。
が、ライフガードの人もいるし直線折り返しなはずだし間違えようもない。
実際の所、スイムアップして(陸上で)ちょっとコースを外れたけど。

応援時に気になっていた階段越えのポイントは意外に駆け上がる余裕があり、
細ながーいトランジションエリアのBikeがある位置まで走ってたどり着く。

雨が降ったのでロード用のバイクシューズではなく、トライアスロン用のシューズを選択。
(実は両方持ってきた)
どうせ右手が放せないので(←練習してない)
バイクシューズをあらかじめペダルにつけるのは諦めていたため、その場で履く。

サングラスもかけず。
日焼け防止に用意したグローブもはめず。
雨の中Bikeスタート。

Bikeも折り返しのみの直線コース。
ブレーキを使うポイントは本当に2箇所のみ。
てことは片道10kmってことか、と考えながら海岸沿いの防波堤内側を走る。

雨が強く、顔にささる、腕にささる。雨ってこんなに痛いのね(涙)
Swimに引き続き、Bikeも一人旅。折り返して来る人は多いものの、
前後には誰もいない。孤独な雨との闘い。

自分が進んでいるからか、雨は斜めに自分に向かってくるように見える。
そんな大雨にも関わらず、短い間隔でマーシャルが立っていて、
「段差あるよー」「ファイト」と声をかけてくれる。

この大会では、DHバー使用禁止。
なので、せっかくの直線コースもDHバー無しで下ハンドルを握ってがんばる。
禁止の理由は狭くて危険だから、だというけど。私の周りはガラガラよん。

対向車が何だかみんなフラついてるな、まさか・・と思っていたら予感的中。
行きに斜めに見えていた雨に騙されていたが、帰りが向かい風だった。
前回の大井川港よりさらに景色に変化が無く。(あっても見えない)
雨と風とに飽ききった頃にやっと終わり。

トランジションエリアでBikeの置き場が見つからず少し行き過ぎる。
隣の自転車がBikeラックの自分の番号の位置に侵出しており、ずらす。
色んな人に番号とられる日だなぁ。

| 大会レポート | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://3athlon.blog88.fc2.com/tb.php/63-cc74de6e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT