fc2ブログ

初心者のトライアスロン道 [佐渡挑戦->宮古挑戦->Weakman]

トライアスリート失格

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

変速バナナと大人装備

# あー、書くのが追いつかない・・・。

月 合宿翌日なのでのんびり。
火 Run 25分@近所くるくる
水 23:30帰宅のため練習ゼロ。(自転車通勤はカウントしない)
木 短期教室コンディショニング+Swim 2050m 1H + Bike 18km
金 Run 10.5km 1H + 短期教室コンディショニング+Swim ??m 1H + Bike 13km
本日の記録。 Bike 35km


目的を持って走るといういうことで(←意味違う)
金曜日は、はらドーナツを目指してRun(もちろん歩き含む)。
ドーナツは思ったより油がしみていて、汗だくになった後の補給食には向かないことが判明。
帰りは脇道を行ったらなぜか明後日の方向に進んでしまい大回り。結果10km以上になった。
帰宅後、暑さにやられたのか、夜Swimまでダウン。zzzz


金曜日のSwim練習は前半は通常通りの練習。
とはいえ、100m個人メドレーなんてメニューが含まれており。
「バタフライなんて腕上がるかな・・・クロールにしとこかな」
小学校の時以来だし、自信ないがとりあえず挑戦。
やってみたら25mなら何とかなった。
おぉ。ヘッドアップよりはまだマシ?

後半はコースロープを外して集団泳の練習。
みんなで一斉にブイ代わりのコーチを目指して殺到する。
ガンガンぶつかって怖いので立ち止まってたら中山コーチに
「まけないでー」と声をかけられる。
だってケガしたくないし。(←諦め早い)
# ちなみに人間ブイになった荒井コーチも怖がっていた(^^)

合宿と短期教室はSunnyFishの金町会員さんや駒沢の朝会員さんなど
普段はなかなか会うこともない人々とお話する貴重な機会となった。
その中でアイテム情報も得たのだが。
DHバーの間にボトルを挟むやつ、あれがいいという話。
「あると安心するの」という女性の声。
「前屈姿勢で吸い込むのが苦しいから苦手」という男性の声。
ふむふむ。様々あるようだが手を放さずに飲めるのはラクチンそうだ。

一方でサドルの後ろにボトルケージ付ける方が重心が変わらなくて良いという話も。
なるほど。
サドルの後ろで私の手は届くのかしら。

佐渡Aに出るわけではないのだし、
エイドもあるから大丈夫かなとは思ったのだが。
悩んで前につけることにした。

早速、本日メイストームへ。
DHバーの周りに張り付いていたワイヤーの方角を捻じ曲げる部品
(変速バナナと呼ばれる代物・・・以前に導入を検討していた)
をくっつけてまずは空間を広げる。
長さが足りないためシフトワイヤーも交換。
2週間ほど前に「1年に1回はしておくべき」という言葉を信じて
自転車屋でインナーワイヤー交換をお願いしたのだが、少し待てば良かったかな。
(そもそも自分でワイヤー交換ぐらいできるようになれって?)

専用ブラケットを設置して、その間にボトルを挟む。
自分に合うかどうかは試してみてのお楽しみ。
それにしてもハンドル周りがゴチャゴチャというよりごっつくなってきた。

一緒に佐渡に出る人が装備を増やして
「なんだかんだでオカネかかりますよねー」とつぶやいていたが。
「年とるとできるだけラクなアイテムに頼りたくなるもの」という人もいる。
確かに、かけようと思えば色々あるし。
アクセサリ類とかメンテナンスとか中々バカにならない。
佐渡の出場者一覧で20代が少ないことに驚いたが、
ミドル・ロングに出るのはそういう意味でも大人の趣味ってことかな。
30代で始めても意外と若手だったりする?

| トレーニング | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://3athlon.blog88.fc2.com/tb.php/58-1a725b55

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT