初心者のトライアスロン道 [佐渡挑戦->宮古挑戦->Weakman]

トライアスリート失格

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

富士山1周ライド

富士山の周りを自転車で一周するという企画。

事前に地図で標高差(640m)を確認してビビりまくり、
同コースを走ったことがあるという廣澤コーチに相談してみたところ、
「気持ちいいくらいのアップダウンが続く感じ」とのこと。
んー、このギザギザの角度はそうは語っていないようだけど、ホントに?
と、不安を抱えながら臨んだ。

渋トラ(渋谷区トライアスロン連合)の皆さんに混ぜていただき、
5人で宮古島トライアスロン前の練習ロングライド。(と言いつつ宮古行くのは内2名)
主目的は「ほうとう」と「温泉」。



最初から上り。
グイグイ進む先頭に必死で付いていく。
「このペースだとこの先持たないかも」と早々に弱気モード。
なんせ富士山1周。半端に途中で引き返すこともできない。ショートカットも無い。
「早めに引き返すのも英断」
と頭をよぎったが、最初の小休止で後ろ2名が切れていることに気がつく。
良かった。キツいのは自分だけじゃなかった。

長いだらだら上りを終えた後は山中湖目指してまっしぐらの下り。
この下りと山中湖周辺は爽快。気持ちいいー。
渋滞している車の脇をすり抜けスイスイ。
第一目的の「ほうとう」を意識しながら走る。
「ほうとうはいつにします?」
「11:30過ぎて一番最初に見えたほうとう屋に入ろう」
「はーい」

ところが、河口湖を越えた辺りからほうとう屋が消える。
それどころか飲食店が見当たらなくなる。
そして、強い向かい風で進まなくなってくる。
細かいアップダウンを繰り返し、標高も高くなってきて寒くなる。
電光掲示板が示す「ただいまの気温 6度」が目に入る。
冷えたのか、足の感覚がおかしくなってくる。足重い。ふぅ。
さらに上った丘の上で後続(エネルギー切れで羊羹補給していたらしい)を待つ。
冷たい風が吹きすさぶ。おそらく気温は2-3度。
ここからの下りに備えて、フル装備。
メットインナーキャップ被ってネックゲーター着けて。
自分の所有するものの中で最重装備を持ってきて正解。
それでも寒い。

少し下ったところで道の駅発見。
やったーお昼だー。
しかし。「ほうとう」の文字が見当たらない。
もういい。温かいもの食べられるなら何でもいい。

ご飯食べながらも不思議なくらい手の震えがおさまらず。
冷え切ったカラダは食後も復活しきらなかった。

その後、また下って行き。
どこで間違えたか予定よりも遠回りの経路になったが。
驚いたことにしばらくして陽射しがポカポカ感じられてきた。
100mで一度違うと聞いたことはあるが、ホントだったのネ。
標高差をこんなに直接肌で知ることができるなんて感動。

そして。
弱ってきた終盤が大変だった。
これで一番軽いギア?うそー。
と思うぐらいの坂が待っており。
その名も「大坂」。わかりやすー。

止まりそうなスピードでかろうじて進む。
自転車降りてしまおうかと思ったが、何とか堪える。
その後は下るかと思ったら、また上り。
上りきったかと思いきや、まだまだ続く上り。
毎度裏切られて精神的にも辛い感じの展開。
まだー?まだー?
何度降りようかと思ったか。

そしてやっと登りきり。
今度は一気に下る。
うひょー。速い。
サイクルコンピュータに目をやる。え、時速56km?
(最高時速は59.6kmだった模様)
思わずブレーキに手をかける。
が、速すぎてブレーキかけるのもちょっと怖い。

その後は平地。
久しぶりにフラットな所を走ると新鮮。
気持ちいい。素直に進む。

そしてやっと出発地点に戻ってきた。
「やったー!」
思わず皆で口を揃えて叫ぶ。

↑いろんな顔の富士山(の一部)

漕ぎながら頭に浮かんだこと。
「キレー。写真撮りたいけど、やめとこ」x 20
「この後マラソン走るなんて考えられない。5kmだって無理。」x 10
「もう上り終わったよね。次の角から下りだよね」x 20
「どこが気持ちいいアップダウン!?」x 20


その後は温泉に入って。
プチ宴会。私はお酒の代わりにコーヒー牛乳を飲んで。
ふぅ。
よく頑張ったー。
「Bike強いね」と予想外なコメントをいただき喜んでみたり。
ハーフマラソンのタイムに対して
「遅いね」と至極当然なコメントをいただき頷いてみたり。

連休の最終日。
帰路は東名を避けてみたのだが、渋滞は想像以上で。
「これkm何分だろうね」「1kmで40分ぐらいかかっているかも」
という会話がなされるほどの酷さ。
普通に歩く人に抜かされて見えなくなってしまうとさすがに精神的なショックも大きく。

朝6時台に家を出て帰宅したのが22時過ぎ。辛かったけど楽しかったー。
でもBikeよりも車に乗っていた時間の方が長かったというオチ付き。

| イベント | 21:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いつ?
先週土曜日にこの辺をバイクで通りかかったら、坂道を果敢に攻めるトライアスロンチームと思しき人々を見かけたけど、まさかBさんも一群に含まれていたとは!!!

| cherie | 2010/03/27 11:04 | URL |

連休最終日の月曜日です。
もしやcherieさんにトライアスリートとローディの見分けがつく?

| 著者 | 2010/03/27 11:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://3athlon.blog88.fc2.com/tb.php/187-7e39281a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。