fc2ブログ

初心者のトライアスロン道 [佐渡挑戦->宮古挑戦->Weakman]

トライアスリート失格

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自転車本

水曜日から風邪をひいてダウン。
カーフマンの前までは短い時間でもほぼ毎日トレーニングしてたんだけどな・・。
完全休業という感じ。

さて。カラダを動かしていない間も情報収集をしてたのだ。と主張してみる。
# ただの娯楽ですが。
下記は最近読んだ本&漫画たち。
殆どが自転車関係。

 『自転車乗り快走ノウハウ』 高村 精一
 『自転車入門?晴れた日はスポーツバイクに乗って』河村 健吉
☆『並木橋通りアオバ自転車店』宮尾 岳
 『シャカリキ!』曽田 正人
 『走ることについて語るときに僕の語ること』 村上 春樹
☆『自転車で遠くへ行きたい。』米津 一成
☆『じてんしゃ日記』高千穂 遙, 一本木 蛮
☆『じてんしゃ日記2008』高千穂 遙, 一本木 蛮
 『自転車で痩せた人』 高千穂 遥
 『自転車三昧』高千穂 遥
 『ぺダリスト宣言』斉藤 純
 『茄子』黒田硫黄
☆『ただマイヨ・ジョーヌのためでなく』ランス・アームストロング


自分が読んで面白いと思っただけでなく、自転車乗りでない人にも薦めたい作品に☆をつけた。
著者のハマり具合が伝わって、なんだか自転車って楽しそう、という気にさせてくれる。

最後の1点は毛色が違う。
原題が"It's not about the bike"というだけあって自転車の話というより、人生そのもの。
伝記に近い。生い立ちから25歳で癌になって復活するまでの話。
私はマウンテンバイクをママチャリ代わりに乗っていて、ロードにも関心はあったものの、
ロードバイク購入に走ったのは、トライアスロンを始めよう、と思ってからで。
ツール・ド・フランスをちゃんと見たこともなく、いまだに選手の名前なんて知りもしない。
それでもランス・アームストロングという名前は聞いたことがあった。
そんな人並み外れた自転車界のスーパスターでも、この本を読むとちょっと身近に感じられる。

でもこれほどの波乱万丈な半生を経て本を書いた時点でまだ20代。凄すぎる。
にしても、このひと10代の頃はトライアスロンやってたらしい。
たまにはトライアスロンとか、しないのかな。

| 初心者のつぶやき | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://3athlon.blog88.fc2.com/tb.php/135-5c4f2c70

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT