初心者のトライアスロン道 [佐渡挑戦->宮古挑戦->Weakman]

トライアスリート失格

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

太もも細くしたい・・・

今日は初めて電車で駒沢へ。
出口から反対方向に歩いたらしく環七にぶつかる。
土砂降りの雨の中、無駄に歩き回ったおかけでずぶ濡れになった。
大河内コーチに「びしょ濡れですね、自転車?」と心配された程。

こーんな天気でも夜スイムに行くってエライなぁ、
と思いたいが為で単なる自己満足だったのだが。
自転車の方が時間かからないし。
泳いだ後に濡れたソックスを履く気持ち悪さを味わうと
雨の日は無理しない方がいいのかもという気になってくる。

本日の記録。1800でなく1600mくらい(途中でまた足つった)


先日、水着を買った。
普段なら気に入らないと妥協しないのだが、余りに安かったので
多少のデザインは目をつぶるということで。
いちおう、試着もしたのだけど。
家に帰って着てみて、「ヤバイかも」と気が付いた。
ワンピースで太もも、というか膝の上あたりまで丈があるタイプなのだが、
膝上がキツイ。
これ、長く穿いたらうっ血しちゃうんじゃないかな。

というわけで。
相変わらずツーピースの重めな水着のままで(先々週まではさらに重いツーピース着てた)。
新水着デビューには至らず。
# いま、無理やりお皿つっこんで伸ばしてます・・・ダメ?

スポンサーサイト

| トレーニング | 00:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

合宿@千葉 その5

マウンテンバイクで登ったら、ここからトレイルランニング。
「ちょっとアップダウンあるけど、尾根沿いだから基本的にはフラットで」
「10分ほど走ったら展望台があるから、そこまで行こう」という話。
ふむふむ。
私は足を痛めているのでお散歩程度に、ということで
みんながあっという間に走り去った後をゆっくり歩いて追いかける。

土の上に枝葉が重なり、天然のクッションが敷かれた道はとても感触が良い。
足に負担かからないし、林の中で気持ちいいなー。
近所にこういう所があるといいかも。


と浸ることができたのはわずかな間だった。
道がどんどん険しくなってくる。
ん?トレイルランニングって平坦な山道を走るイメージだったのだけど。あれ?
何このゴツゴツ岩は?というか、この急な階段は何?
登りがいっぱい、走れないでしょ、これ。登山だ・・・。

先が見えない山道を1人で進んでいると、段々不安が増してくる。
走るのが速くても倍として20分くらいで着くのでは・・・。
道間違えた?引き返そうかなー。というのを何度も繰り返す。

不安が諦めになった頃にやっと頂上に到着。
みんなの顔を見てほっとする。
だが展望台はさらにこの先だと言う。ふぇ。

天気がよければ房総半島の向こう側の海がキレイに見えるはず。
いやいや良くここまで登り切った。


帰り道は基本的に下りなので、短時間で自転車置いた場所までサクサク戻る。
さて、マウンテンバイクで下山だ。
登りですら、ずるずる滑りそうだった道を下るということは・・・。
おもいっきり警戒しながら下り始める。
予想通り凄いバランスを要する。
ブレーキかけないととんでもないスピード出ちゃうし、
かけたらかけたで下手すると前転しそうな気がするし、どうすれば。
「こわいよー」とびびってる傍ではじけた奇声が聞こえてくる。
「うっひゃー、たのしー」
楽しいと言えば楽しいけど、コケたくないし、足も着きたくないし。
もはや背後の奇声の主を確認する余裕もなく、
集中力を保つことに必死で無言でハンドルを握り締める。
おかげで無事コケることもなく舗装路へ。
下るのは速い。
# 当然ながら下っている間の写真はございません・・。

帰って見たら手袋がボロボロになっていた。使い捨てじゃないんだから、力入りすぎ。


↓後でもらったGPSによるログ。

| イベント | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たった3日でスリムに!

「たった3日で太ももが細く!」
どこぞの怪しげな通販の謳い文句のようだけど。

そう、あのうっ血水着がプールデビューを果たした。
当然ながら、たった数日で人間がスリムになるわけもなく。
水着が伸びたものと思われ。
キツイけど何とかなるレベルになった。わーい。
お皿つっこんだ効果だ、きっと。


そもそも普段全てがSサイズのワタクシが珍しくMサイズ着て
それでもキツイと言ってるわけで。
競泳水着は、フィットネス水着とは違うんだなぁ。。。

本日の記録。Swim 2150m(1時間でこれだけ泳げば十分でしょー)

| トレーニング | 00:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新島どーする?

新島どうするの?
あーぅー。
いつの間にか4月なわけで。
5/16なんてすぐそこ。
慌てて申し込み締め切りを確認。ネット締め切りが5/1とのこと。
おぉー。意外と遅め。
って安心している場合じゃなく。

走れるのか→出場できるのかという点をまずクリアにしなければならず。
出るのなら色々と真剣に準備すべき現実がある。
「DHバーは佐渡までには絶対付けた方がいい、新島でもあった方がいい」
と平松代表にアドバイスいただいたので。
DHバーをつけたいなぁ、と思ったりしているのだが。

それより何より、ウェットスーツが必須。
5月の海って寒いんだろうなぁ。
昔のトライアスロンJAPAN(TJ誌)を漁って各社のウェットスーツ情報を得る。
いわゆる吊るし(既製品)よりはオーダーの方が自分には向いていると思う。
首の周りが苦しいのとか耐えられ無さそうだし。
シロモトメイストーム辺りかな・・・。
寒いだろうから長袖(フルスーツ)にするとして、
やっぱり、2ピースかな。
フロントジッパーの方が脱ぎやすいのかな。
ムフ。悩みどころ満載。

こういうこと考えるのは好きなのだけど、
じっくり検討している時間はあるのか、という話。
完成まで3週間はかかるというし、事前に着て泳いでみたいし。
あーぅー。

今日はクロスバイクでなるしまフレンドへ。
行く途中にアスロニアのショップへ立ち寄ってみた。
併設のカフェは大盛況。
一方でトライアスロンショップには他に誰もいなかった。
見たことないほどキレイな自転車屋、と言うと語弊があるかもしれないが。
代官山の一等地に贅沢なレイアウトという印象。
オリジナルのウェットスーツを触ってみていたら、
スタッフの方が丁寧に説明してくれる。
「山本化学工業と一緒に作り上げたもので・・」
前もも部分に浮力を増す素材を埋め込んでいるとかで、その部分が分厚い。
まぁ、男性には多いようだけど、私は足が沈んで困るってこともないので。
海なら放っておいても浮くだろうし・・って甘い?

女性スタッフがいるというのは、ちょっと嬉しい。
「ウェアの下にスポーツブラとかするんですか?」なんて質問してみたり。

出口の辺りでウェットスーツのチラシが置いてあったのを、
カフェから出てきた女の子が手にとっていたのだが、
「あ、トライアスロン」と間違えたという感じで置き直していた。
トライアスロンという言葉を島田紳助のおかげでTVでも良く耳にするこの頃。
一般人がこの言葉を耳にする、口にすることがあるだけでも一般化の兆しかな。

| 初心者のつぶやき | 01:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

合宿@千葉 その6

# 合宿レポートひっぱり過ぎとの噂です。

トレイルランニングという名の登山を終え、
マウンテンバイクで無事に下り、宿へ戻る。
夕方から雨が降る予報だし、連休最終日渋滞するかもしれないし。
後はお昼ご飯食べて帰るだけ、と思ったら、まだ甘かった。


写真では豆粒のようだがコレ人間。
3月の寒空のもと海へ駆けて行く人達。

うわ、ホントに入っちゃったよ、と思ったらすぐに陸に戻ってきた。


「ィ、イタイ、痛い!」
ん?寒いじゃなくて?
岩でも踏んだのかな。
「水に入った途端、筋肉がキューって・・・」
余りに寒くて痛いらしい。

あ、アホだ、この人達。
ウククク、笑いが止まらない。
本当に辛そうな様子を見ると余計笑えてくる。 # ゴメンネ。

24時間お風呂に入れる宿で良かった。即行温かいお湯へ。
下手すると心臓止まっちゃうよ。

でも確かに、これ事前にもらったメニューに載ってた・・・。
「午後 オーシャンスイム?」
って目にはしたけど。冗談かなと思っていた。
せめてウェットスーツ着るのかと思いきや、水着だし。
水温は外気に遅れること2ヶ月という話だし。
南の島じゃなくて千葉だし。

後で聞いたところによると
「遠浅のビーチと聞いたので実際トレーニングに向く場所かどうか事前調査で…」
とかなんとか。
ま、何でもいいけどね。面白かったから。

これ以上解説しなくても伝わった気もするが、
盛り沢山で楽しい合宿だった。
2日間て色んなことができるんだなぁ。

# 関係者皆様ありがとうございました。

| イベント | 00:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Cコース昇格?

# 花見日和の日々、自転車日和でもあります。気持ちいいシーズンです。

本日の記録。Swim 2250m(ぐらい)

夜スイムも水曜日は人が少ないなぁ、と思っていたら続々と人が増え。
Dコースに人が多かったので100m泳いでいたら1周前の人に追いついてしまい
Cコースへ移るように言われた。
「左手が入水時に内側に入っている」と中山コーチからも荒井コーチと同じ点を指摘される。
気を付けているのだけど、長年のクセがなかなか抜けない模様。

最近気が付いたこと。
どうやら周りの人達に比べてプル(手のかき)が弱くて、キック(バタ足)が速い模様。
プルは特にパドル付けたりドッグパドル(犬かき)したり、となった途端前に進まない。
パドルは慣れだと言うけれど。

トライアスロンでは競泳と違い、(BikeやRunのために足を温存するため)
上半身で泳ぐ傾向にあり、殆ど足を使わない人もいるとのこと。
てことは・・・上半身強化すべきってこと?
まぁ、深く考えるほどのレベルじゃないからいっか。

実はまた新しい水着を購入した。
# 定価の半額の4割引の1割引というワケの分からない安さだったのです。
同じArenaの同じ形の水着なのだが、今度は膝の上がキツくない。
競泳用といってもマスターズ向け(つまり大人向け?)なので着やすくなっている模様。
確かに、こないだのうっ血水着の方が水の抵抗が少ないような。気のせいかな。

| トレーニング | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3つの似たような違うような…


先週末、トライアスロン用のウェアを購入した。
友人から「あの上下つながっているのがカッコイイよ!」と言われたこともあり。
バイクでお腹が苦しくなさそうということもあり、ワンピースのウェアを試着。
2XUやORCAも着てみたけど、いまひとつカラダに合わず。
TYRのトライスーツの型落ちを購入。
上田藍選手とおんなじー。
彼女と身長も同じで155cmだからかな、Sサイズがピッタリ。
(しかも太ももキツくない。って誰も訊いてない?)


同日に麻雀部の召集がかかったので(注: 飲まない吸わない賭けない健康麻雀です)
購入したウェアをなぜか雀荘で広げて見せる。
「え、それ水着?」
いや、違うんだけど。
確かに薄いし競泳用水着とどこが違うかと問われると・・・。んー。
自転車用にパッドが付いてることぐらいかな?
でもこのパッドすごーく薄い。申し訳程度。
プールで泳いでいても水着としか思えないはず。

つまりここ数週間で似たような形のものを3つも…。


本日の記録。RunWalk45分。(一瞬走ったら即息切れした。もうダメだ…。)

| トレーニング | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワザにのせられ

昨日のWalkingの合間にちょろっと走っただけで、
今日は左足が少し痛い。うむ、これは疲労骨折とは関係無い。(てきとー自己診断)
困ったな。

本日の夜Swim。
泳いでいたら途中で
「すっかりC(コース)の顔になったね」と、いつもニコニコの荒井コーチに声をかけられ
「2回目ですが」と返す。
そんなやりとりを聞いていた会員さんが
「そういえば僕もそうやっておだてられたような」
むふふ、なるほど。これも荒井コーチのワザだ。

本日の記録。Swim 2250m

-----------------

先週末、クロスバイクのステムを逆付けにしてもらった。
ハンドルが少し下がっただけで、上半身がラクになった気がする。
調整してみるもんだなぁ。後はサドルか。
# もとはスーパーママチャリ仕様(カゴ・スタンド付き)にするつもりだったのだが・・・。

ずーっと先延ばしにしていた洗車(軽く水洗いだけ)もした。
前かがみの作業で腰が痛くなったが、キレイになった。
今朝通勤途中に仕事の関係者に遭遇。お、自転車通勤仲間がこんなところに。
「自転車ピカピカだねぇ」と言われた。えへ。洗ったばっかだもん。

| トレーニング | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ほめごろし

昨日の記録。花見麻雀 Bike 32km

友人宅の近所の桜の木の下で麻雀。いやー、気持ちいい。
(注:しつこいようですが健康麻雀です。ジュース一杯すら賭けずに楽しんでます。)
トレーニングがてら友人宅までロードバイクで向かったのだが。
行きはお団子買いに寄り道しても12kmだったのに、帰りはなぜか20km。
道間違えた。大回りしすぎ。
いい練習になった、ということにしておこう。


本日の記録。コンディショニング&夜Swim 2000m

3コースを泳いでいたら、大河内コーチに
「あれ、いつもここで泳いでましたっけ?」と聞かれたので
「Cに移りました。3回目です。」と申告。
で、またしばらくして、大河内コーチに声をかけられた。
「泳ぎ、キレイですねぇ」
え。ほ、褒められた?と目を丸くしてると
「注意する点がなさそう」とたたみかけられた。
ひょぇー。褒め殺しだ。

いやいや。嬉しいんだけど。慣れないなぁ。
ぁー、こういう台詞をRunで聞けたら…。
なんて夢を見る前にこの走れない状態を打開しないと。
新島は1ヵ月後に迫ってきた。
# Runで歩いてもいいですか?

| トレーニング | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長水路

本日の記録。Swim 1800mぐらい?

今日は都会の真ん中渋谷でSwim。
渋谷区トライアスロン連合の練習にお邪魔した。
古い建物を想像してたのだが、予想外にキレイなプール。
水に光が差すのを見るのが好きなのだが、どうやら人工的な灯りでも良いらしい。
いつもと違うのは25mでなく長水路50mだということ。
そういえば前に東京体育館で泳いだ時に「50mながいーつらいー」と思った覚えがあるが、
今回は正直それほど意識せずに終わった。
少しは進歩したのかなぁ。
メニューを理解せずに前の人について泳ぐだけだったので
何も考えていなかったというのが正しいか。

最初にコースロープを飛び越えたり下を潜ったりするオープンウォーター想定の練習があり、
そこでゴーグルがくるんと外れて、動揺しまくり。
前から薄々気が付いていたのだが、
どうやら新しいことに慣れる適応力とかいうものが欠如してる模様。

---------------------------------------------


新島はRunが大変、と脅された教えていただいた。
「BikeからRunに入った途端、手をつきたくなるような坂があって…」
え?
「基本的にアップダウンが多いんですよ」
ふぇ?
それって足に支障なかったとしてもワタクシ的に問題ありですよ?
キレイな海で泳ぎたいけど、んー。んー。
# とかグダグダ言いながらまだ申し込んでおりません。

| トレーニング | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昭和記念公園 トライアスロンデビューその3

# 前回のUPから物凄い間空きましたが、忘れてたわけではありません。


自転車を押していって、乗車ライン(線がひいてある所)を超えてから乗る。
とにかくRunが問題だ。
この後走るのをラクにしないと・・・ということばかり頭にあってクルクル回した。
でもよく考えると20km連続でBike乗り続けたのも、きっと初めて、という状態。
[point] 知らないってことはある意味強い

ロードバイクで街中を走ると
少し進んでは信号で止まる、いわゆるStop&Goの繰り返し。
路駐してる車があれば後ろを確認して右に出て、横スレスレに通り抜けていく車に怯え。
停留所ごとに止まるバスの排気を吸わされ。
信号の無い交差点ではいつ誰が飛び出してくるか分からない。
スピード出せないし、気を抜けないし、ストレスが溜まる。

そんなビビリーにとって初めてのレースの20kmは快適だった。
障害無しストレスフリー。
「あー、自転車って気持ちいいなぁ」と思えた。
しかも街中では殆ど触れたことのなかった下ハンドルが活躍。
[point] 前傾姿勢って意味があるのね
←下向いちゃダメです。

昭和記念公園はフラットなコースと紹介されるが、
ほんの少しアップダウンがある。やっぱり下りはラクチン。
1箇所ヘアピンカーブ(というかUターン)があり、技術力ゼロの私はほぼ止まる感じで曲がる。
プールでは周りにいっぱい人がいたのに、自転車になるとそれほど多く見かけない。
それでも周回する中で前後のウェーブの人達が登場するので追い越したり追い越されたりする。
声をかけてくれる余裕のある外人がいたり。
後ろから「ぐうぉー%$#"!」(文字列で表現できる範囲外)という唸り声を上げながら
苦しそうに過ぎていくおじさんがいたり。
借り物のマウンテンバイクで四苦八苦しているマッチョな人がいたり。

公園の中でもプール近くは応援の人達が多くてにぎやか。
人が見てる見てないというのは不思議なほどモチベーションに影響するもので。
がんばれーと声をかけられると、がんばる気になってしまう。
マーシャル(監視員)の方から声をかけられるのすら嬉しい。
[point] 応援はとっても大事

ロードバイク購入の際に諸事情で(長いので別途)
ビンディングペダルというものを付けなかった。
自転車のペダルと専用の靴をスキーのように固定してしまうという代物。
上手く外れなかったらコケる。こ、こわい。

というわけでペダルは普通のペダル(ビンディング無し)で出場。
Swim->Bikeのトランジション時にバイクシューズでなく普通のランニングシューズを履いた。
ので、Bike->Runのトランジションはそのままで良い。ラクチン。
ヘルメット外して代わりにキャップ被って
さぁ、次はランだ。
←グローブはもういらないよ?

つづく・・・。

| 大会レポート | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昭和記念公園 トライアスロンデビューその4

# 今日はせっかくの週末なのに鼻水止まらず寝てました。


ランの最初はランと呼べるものでは無かった。
バイクの後は足が自分のものでない感覚になる、と聞いてはいたものの。
想像以上に動かない。
頭では走るつもりだけど足には指令が届かない状態。あへあへ。
足が言うことをきくようになってきたのは2周目くらいから。
でも前に進んでる感覚が無い。走ってるって言えないよ、コレ。
バイクの時には応援の中に友人の顔を見つけたら笑顔を向ける余裕があったが、
ランになったら、「あと何往復?折り返しはまだ?」と青ざめるばかり。
友人曰く「表情が無かった、固まってた」。
ほっ。苦痛に歪んでなくてよかった。

歩いちゃダメだ歩いてるスピードに近くても走るんだ、と唱え続けたが
息があがって結局歩いた。というより止まった。
エイドステーション(水やスポーツドリンクがもらえる所)で、紙コップを受け取り
足を止めぜーぜー言いながら飲んだ。
呼吸するのと飲むのは同時にはできないもんね。(←イイワケ)

人間カラダを動かしていると頭が働かなくなるものらしく。
周回コースで1桁の足し算ができなくなる。
今何周目だっけ?
大会の結果を見るとたまに1種目だけ突出したスーパーレコードを叩き出している人がいる。
これは間違えて1周早くゴールしてしまったものだと思われる。
でも安心。ランの折り返し地点で、色のついた輪ゴムを渡してくれる。
輪ゴムを広げて待っていてくれて腕を出すと通してくれる。ありがたし。
「おばちゃん、もう1つ下さい・・・。」(心の声)

[point]
プールの周回はがんばって数えるべし。
バイクの周回はサイクルコンピュータを頼りにするべし。
ランは1回パスしたくなるけど、輪ゴムもらってがんばるべし。

ゴールは都度都度テープを張りなおしてくれる。
トップじゃなくてもテープを切る感覚を味わえる。
わーい。

まだ続く。

| 大会レポート | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮古島リモート観戦

本日の記録。Bike 43km

今日は宮古島トライアスロンの日。
私も宮古島遊びに行きたいなぁ、なんて思いながらもゆっくり起きる。
サイト見て宮古CATVの中継がストリーム配信されていることを知る。<遅い
あ、平松代表だー、
これ長谷川コーチ?
と、知っている人が映ると楽しくて見入る。
見始めたらPCから離れられない…。どうしよ。
保存できるツールがあったのでインストールして、後半から録り始めてお出かけ。

自転車屋さんでウェアを見て高いなぁなんて思っているくせに、
消えるもの(美味しいもの)には財布の紐が緩む。
表参道ヒルズの人込みにロードバイクで乗り付けて
Jean-Paul Hevinのチョコレートケーキをゲット。
背中に担いで友人宅へ。
都心は神経とがらせなきゃいけないし、246は信号と路駐だらけでぐったり。
疲れるのは距離とか時間に単純に比例するものではないなぁ、と改めて思う。

友人宅で回線状況の悪い中続きを見る。
中継されるだけでも十分嬉しいのだが。欲を言えば特集VTRはサブでいい。
特にゴールは全員フル画面で映してあげたら良いのに、と思ってしまう。
トップ選手はともかく、他の人達は運が悪ければ全く映らないわけだから。

最後に42.195kmとか走るというだけで自分の中では不可解な領域なのだが
トップ選手はバイクなどロングとは思えないスピードで疾走する。
凄いなぁ。

朝7時から夜21時までひたすら長い。けどそれでもタイムアウトする人もいる。
島を丸ごと活用して3種目、海と陸と、応援するひとも移動しなきゃならないし、
運営する側もボランティア含めて相当大変なはず。
こんな妙に難しい競技ってやっぱり他に無いよなぁ。
出場したひとたち、おつかれさま。
支えたひとたちに感謝。


# ちなみに。プロフィール写真の背景は宮古島トライアスロンのスタート地点、前浜。
# 透明度抜群の美しいビーチです。

| トレーニング | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

足がつるワケ

本日の記録。夜Swim 2250マイナス200mくらい。

予定表(Outlook)にて月曜日は18時以降をブロックしているのだが、
今日は19時までミーティングを入れられてしまい。
泣く泣くコンディショニングクラスを諦める。
結局会社を出られたのが19時半過ぎ。慌てて駒沢へクロスバイクで向かう。
急いだおかげか40分弱で辿り着く。坂道なのに余裕で間に合ったー。

頑張って辿り着いたことに満足したわけではないが。
なぜかプールの水を飲んでしまったり。
足がつってしまったり。
イマイチ。

足が攣るのはなぜか、という私の謎に大河内コーチから答えが得られた。
「良く足つりますか?」→ はい、今日は軽いほうです
「水分取りました?」→ さっきブリックパックでココア飲んだけど
「二日酔いのときとか攣りやすいですね」→ お酒飲めないから関係ないや
「肝臓が弱っているかもしれませんね」→ ふむふむ、そもそもカラダ弱いです
「甘いものとか好きですか?」→ いぇーす、それだ!

糖分取りすぎで肝臓が弱ってる疑惑。
昨日のケーキは美味しかったなぁ…とか思い当たる節ならいっぱい。
あとは水分ちゃんと取ってから泳ぐべしってことかな。
自転車で汗だくになって来るから水分足りてないのかもしれないし。
今後気をつけよう。

| トレーニング | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポチっとエントリー

ここ最近の記録。

水曜日 夜Swim 2400m(足つらなかった)
金曜日 会社の空調の冷風で半死状態になる→土曜日は半分寝て過ごす
土曜日 Walk+Run 40分@トレッドミル
日曜日 ポチっと海外通販でゴーグル、自転車用ザック等購入
月曜日 コンディショニング+夜Swim 2000m?(メニュー見忘れ)
火曜日 赤坂の自転車屋へ向かう、がなぜか迷う→いつもの通勤距離+15km
ポチッと新島エントリー

本日の記録。Walk 185分。18.5km。

遅ればせながら、やっと決意。
「新島行きまーす」
ギリギリで申し込みしてみた。

初めてのショートに向けて不安要素は山盛り。特にRun。
MRIまで撮って騒いだ左足の痛みは消えたわけではない。
さらにずっと走っていなかった分で全てリセットされた気分。
まぁ元々遅いのだけど、走ることに対する慣れというものがゼロに戻ったようで。
あと2週間ちょっと・・・マズいなぁ。

今日は歩いてみた。
左足でなく右足首が痛い。
むかーし階段踏み外して捻挫した所、なので理由は分かるのだけど。
酷使したわけでもないのに・・・はぁ。先が思いやられる。

新島はギリギリエントリーしたわけだが
佐渡は先着順で早い段階で締め切られてしまうらしい。
そっか、はやく申し込まなきゃ。
誓約書と保険証コピーと健康調査書と写真と・・(略)・・何だかいっぱい書類が要るのね。
2年以内に完走した記録証明書のコピー(スイムを含んだ記録)も必要って、ん?
ゴソゴソ…昨年のSprintの完走書発見。ちゃんと残してて良かったー。
準備する書類や写真や色々あって、こちらはポチっと押すだけでは終わらない。

時間かかりそうなのでG/W中の宿題としよう。

| トレーニング | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。