初心者のトライアスロン道 [佐渡挑戦->宮古挑戦->Weakman]

トライアスリート失格

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デュアスロンデビュー


# ネタは色々とは言え、執筆追いついてないので順不同で書いていきます。

金曜日に会社の先輩と交わした会話。
「日曜日にデュアスロンに出ます」
「え?デュ?」
「トライじゃなくてデュアルです」って説明になってないか。
「何でもいいけど、月曜日は絶対来てね!怪我とかしないでね。」
「ハイ・・・」

スキーで負傷して入院した人の影響で忙しい日々が続いていたという背景があり、
月曜日のちょっと大事な打ち合わせで私が話すことになっていたので、先輩の懸念は無理もないわけだが。
デュアスロン自体にもう少し関心とか・・・。

デュアスロンとは、私の好きなスイムが無い代わりにもう一回走るというもの。
今回のカーフマンでは、ビギナーの部にエントリーしてみた。
初めてデュアスロンをやる人、というカテゴリで昨年までの記録を見ると女性は10人もいない。
# ふむふむ必ず10位以内ね、って思ったら今回は15人くらいエントリーしていた。
エイジ(一般の部)の半分の距離で、2km(Run)→10km(Bike)→2km(Run)という短さ。
とはいえ、私にとっては十二分でゼーハーゼーハー、ぼってぼての走り。
第一ランで既に余力無し。泳がせてくれ・・・。

当日は石垣島トライアスロンを目指すという東野孝治が来ていた。
一緒に走った人達はTV取材のオートバイが張り付いてて迷惑だったようだけど私は見てない。
それよりも見るべきはエリート(選手)の走り。
次元が違うんだろうなとは思っていたのだけど、想像を超える速さで驚いた。
スタートは私が100m全力で横で走ってついていけないかも、という勢いで。
バイクなんて横で応援していると怖いほど。
写真を一生懸命撮ったのだけど、そろそろ来るっとスタンバイしていてやっとフレームに収めることができるくらい。
どんな色のジャージを着ているかを把握していなければ、ターゲットの見分けもつかない。
アスリートって凄いなぁ。
同じ日に開催されている似て非なる別の競技に見えた。

幸い晴れたのだけど。
強風というか突風で砂埃が舞い、特にバイクはきつかった。
応援は帽子をかぶってサングラスをして最終的にはマスクもして・・・という格好になり、さらにカメラを持つ怪しさ。
自分自身も自転車もバッグも全てのものが真っ白になったため、帰宅してからお掃除&洗濯が大変だった。

# 記録?45分でした。
# 自分の中で勝手に設定していた目標はいちおクリアです。

エイド(途中で水もらえるところ)で水飲みながら歩みを止めたのを応援に来てくれた友人にまた目撃されてしまった。
バイクもランもすぐに息上がって死に掛けるのは何とかしたいなぁ。

スポンサーサイト

| 大会レポート | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

障害発生?

月曜日、スイムの練習でまた足がつったと騒いでいたら
平松代表が「まぁ、少しぐらい障害があってもいいのでは」みたいなコメントしていたのだけど。

どうもやっちまった様子。
足が痛い。

金曜日に夜Swimデビューして、
土曜日はコンディショニングクラスに参加した後ランニングして、
日曜日はカーフマンに出場した。

カーフマンの帰り際に大河内コーチに「じゃ、また明日ねー」と声をかけられ、
「え?あ、あした?」と動揺してたら「冗談よ。ゆっくり休んでね。」とフォローしてくれた。
でも彼女にそう言われたら行かないわけにはいかない。
てことで、月曜日もコンディショニングクラスに参加し、その後夜Swim。
頑張り過ぎないように、と釘をさされたのだけど。
火曜日はトレッドミルで走った。
なーんか左足が痛いなぁと思ったのだけど、とりあえず3km走った。

翌日水曜日は朝からパタゴニアのセールに参戦したのだけど。
歩いてても左足が痛む。
ホントは夜Swimも行こうと思っていたのだけど断念した。
喫茶店で友人とおしゃべりに夢中になって時間がなくなった・・・わけではない。

左足に体重かけると痛いしちょっと腫れているのが気になって
今朝、整形外科へ行ってみた。
レントゲンの結果、骨には異常無し、ということで原因不明。
処方された痛み止めを持って出社。
踵に体重かけると痛いのでオフィスでも軽く足をひきずりながら歩く。
幸い自転車には乗れるので通勤は困らないのだけど。
これじゃトレーニングできないよ・・・・。

そうそう。医者に思い当たる原因を訊かれたので
「日曜日にデュアスロンに出たけど関係あるかどうか分からない」と伝えたら
「デュアスロンって何?」といわれた。
トライアスロンと違って泳がないので走って漕いで走るんです、と説明。
そっか、トライアスロンなら通じるけどデュアスロンは一般用語ではないのね。

| トレーニング | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デュアスロンデビュー2

# 写真がアップロードできるようになったので続編のオマケUPします。

大会で応援してくれる人がいること、写真撮ってくれる人がいること、って素直に嬉しい。 トライアスロンとかやらなければフツーの大人の日常ではきっと分からないありがたみ、だと思う。 途中で声かけてもらうとすごく照れくさいし、こんな情けないとこ見ないでーって思ったり、 余裕が無いと気が付かなかったりもする。 写真撮られるのも苦手。 でも、客観的にどんな走りしてるかということも見えるし、 いかに自分が走ってる間視野が狭くなっているかが分かって面白い。

今回、写真見て分かったこと。 自分の想像よりはそれらしく走ってるぽぃ姿に見える。最初のRunだから、かな・・・。 1RunからBikeへのトランジションで周りに既に自転車が少ない・・・つまり遅い。 友人にも指摘された通り、全身黒いウェアってのは良くない。

実際、応援している側から見れば、派手じゃないと見つけにくいもので。 色としては断然黄色が良い、ということが判明。 遠くからでも一際目立つ。

でも黄色のウェアって中々無いよね。 いや、目立つけど遅いってのは避けたいな・・ブツブツ。

| 大会レポート | 00:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと復活

しばらくおとなしくしていたのだけど。

歩いても一歩一歩ズキっと来る原因不明の足の痛みがひかず、だんだん心配になってきた。

今日のお昼ご飯食べに移動しているときも左足をひきずって歩いていたのだが。

午後になって「お、普通に歩けるかも?」という状態に。

まだ少し痛みはあるけど、踵に体重かけてもまっすぐ歩ける。嬉しい。

明日・あさっては出張なので、トレーニングはできない。まだ走るのも無理そうだし。

ということで、ダッシュで帰って、コンディショニングクラス&夜スイムに参加。

スイムの内容とか日々学ぶことはあるのだけど。

それとは別で密かに楽しんでいるのは更衣室での会話。

# 色々書きたいネタはあるのだけど、また後日。

長野の天気予報は・・・最低気温マイナス7℃?ひぇー寒そう。ダウン着ていこう。

| トレーニング | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トライアスロンへの偏見 私的考察 その1

●トライアスロンやる人ってマッチョ?

トライアスリートに対する一般的なイメージは「マッチョ」らしい。筋肉質でガタイがいい・・・、って格闘家に近い感じ?
そんなわけで、実際に選手を見ると「あれ?」と思ってしまう。
もちろん個人差はあるのだけど、概してスリムなのである。
少なくとも服を着ているとマッチョには見えない。
平松代表なんて頭も小さいし背が高くてとても細い。
でもプールサイドで見ると惚れ惚れするような肉体美なのである。
ジャージ姿の彼を見た友人曰く「爽やかな青年だと思ったけどスゴイ選手には見えなかった」。
そういえば私も、オリンピック代表にもなったロードの選手と会ったときには同じ印象を持った。
自転車のプロといえばウエストぐらいのサイズの太ももの持ち主、と勝手に思い込んでいたので「意外と細いんですね」と失礼なことを本人に言った記憶がある。
太ももが太いのは競輪、つまり短距離の選手の特徴であって、長時間自転車に乗ってクルクル回すと逆に脚が細くなるという噂。
# 私の脚が太いのはガシガシ踏む癖があるから?・・・いやこれから細くなる、きっと。

よーく考えると当たり前のことなのだけど、有酸素運動の王様を3つもやるわけで。
鍛え上げられた無駄の無いキレイな体ができあがる、というのは論理的には納得。

| トライアスロンといふもの | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

足がつるのはなぜ?

本日の記録。夜Swim 1700m程(足がつって少し途中抜けた)

出張は人身事故で電車が1時間以上遅れたことを除けば無事に終わったのだが、
なんだか忙しい。打ち合わせや資料作成などで一日が終わる。
自分の作業ができない。
一方で足はまだ時々痛むからトレーニングもできてない。
うん、今日は夜スイムに行こう、と決めて
週末に作業するつもりでPCを持って帰ってきた。
# 人にはオススメできない仕事の仕方ですな。

不思議なことに、ひとりで泳いでる時はないのだけど、なぜか夜スイムでは毎回のように足がつる。
片手だけバタフライの動きをする、という練習でドルフィンキックなんて慣れないことをやったからか、
ふくらはぎが攣った。その後シャワーで温めて復帰しても今度は足裏がつって・・・という感じで
泳いで戻ってくるたびに足を伸ばしてみたりさすってみたり。

しかも今日は先頭で泳ぐように言われた。
メニューを解読できないし、時計の秒針を追うことに慣れてないので、混乱。
「えーと、さっき45秒からスタートしたんだっけ」
「あれ、いま何本目?」
優しい荒井コーチが「次は60秒からね」とか「今度3本目ね」とこまめにフォローしてくれるから助かる。
水泳って意外と頭使うのね。
困った顔して考えてたら「考え過ぎ」と笑われた。

終わってから荒井コーチに「次から隣の5コースね」と告げられたのだけど、
ブンブン頭を横に振って否定してみた。
毎回足つってるし、もうちょっと基本やりたい。

レベル別にコースが割り振られていて端っこの6コースがビギナー。
初日に泳いでみて5コースに行くように言われたのだが、
その日は途中で両足がつってなかなか戻らず、後半は6コースで泳いだ。
その後2回はカナヅチレッスン(とはいっても皆もう上手に泳げる)に参加。
量をこなすのではなく、フォーム重視のレッスン。
難しいのだけど、負荷は低い。
荒井コーチが和ませてくれるからもあるけど、和気あいあいで楽しいし、
フォームのチェックをして直してくれる。
パドルをどうやってはめるかすら知らなかった私はもうちょっと慣れるまで
まだ様子みたいし。
当分端っこがいいなぁ。

| トレーニング | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「トライアスロンできます」

ある日の女子更衣室。
「やっぱり資格は必要だよねー」
「あなたは持ってるじゃない」 こんな会話がなされていた。
不況の中、やっぱりどこに行ってもこういう話題になるんだなぁ、と思ってた所、
「女性が手に職もなくて、仕事もクビになったとして、『何もできないけどトライアスロンできます』って言ってもねー」
「だからなに?って話でしょ」 という台詞で吹き出した。
さすが、ここの会話のオチは普通じゃない。ウケる。
うーん、確かにその通り。
「トライアスロンできます」ってのはとてもカッコイイ。
と個人的には思うけど、趣味レベルでそれで食べていけるわけではないし。

ただ、全く役に立たないか、というとそうではないと思う。
健康面だとか精神面の話については初心者の私が言える立場に無いので他の方にお任せするとして。
アメリカではレジュメ(履歴書)にトライアスロンと書くと評価が高いため、
大会参加する人がいるという話を聞いたことがある。
セルフマネジメントってやつかな。
Sunny Fishの朝スイムに参加している人達の多くは朝6時から泳いで、それから仕事に行くらしい。
6時に泳ぎ始めるということは、えっと・・何時に起きれば・・・4時半くらいかな?
ひょー尊敬モノ。 い、いつかは朝型人間に。

| トライアスロンといふもの | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

泳ぎはちゃんと習うべし?

本日の記録。夜Swim 1600mくらい?(忘れました)

荒井コーチは教えるのもうまいし、褒めるのもうまい。何より笑顔が素敵。
今日学んだこと。
  • 頭を沈めない→前を見る
  • 左手でかく時に手を内側に向ける
いずれも長年自己流でやってきた癖を指摘された模様。
そっかぁ。頭を沈めている自覚はなかったのだけど、下を向いた方がいいのかと思っていた。
うまく修正できているか分からないけど指摘された点を意識して泳いでみた。
「すごく良くなったよ、左右のバランスがきれいになった」
褒められた。
前を向くべし。うん、次に行ってまた忘れちゃったということがないようにしようっと。

休刊になってからもトライアスロン・ジャパンのバックナンバーを読み返したりする私だが、
実はスイム関連の記事は余りきちんと読んでいない。斜め読み。
きっと誌面で読んでも分からないよ、という思い込みもあり、理解して実践するほどの関心もなかった。
きちんとスイミングスクールで教えてもらうことが大事、と知ってはいたが
それ以前に課題のRunをまずやらなきゃね、Bikeに乗らなきゃね、
ということで自分の中でSwim練習の優先順位はかなり低めだった。
でも改めて教えてもらって、やっぱり効果が高いなぁ、と実感。
褒められると嬉しい。上達してるかも、と思うとまた嬉しい。
今はまだ足が治っていないので走れず正直焦りも感じていたりするのだが、
いい機会だと思って泳ぎの改善を図るとしよう。

食べてから行ったのだけど、泳いで帰ってきてから何かまた食べたい気分に。
てことで焼きそばを作って23時近くにむしゃむしゃ。
ほんとは寝る前に食べちゃいけないんだよねー(逆流性食道炎になる)

| トレーニング | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。